上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

中途半端な優しさを振り回すくらいならいっそ
突き放してくれたほうが楽なのに


 あなたは優しすぎて、時々錯覚してしまう。

優しさは弱さじゃないのに
その弱さにおぼれてしまう。


 優しさなんていらない、突き放してくれていい
ほおっておいて孤独にして。

じゃないと、離れられなくなるから
いつまでもいつまでも優しさに甘えてしまうから

 優しさなんていらない。

私は・・・・わたしは・・・。
スポンサーサイト

2006.06.17 | 50のお題 | トラックバック(0) | コメント(2) |

一人でいるわけじゃない
隣にあなたがいるのに
どうしてこんなに孤独になるんだろう

一人ならば孤独なんて知らなかった
自分だけだったから

なのに二人になると孤独を知る。

一緒にいたから一人の時間が孤独になる

ただ、昔と変わったのはあなたが隣にいるだけ
ただ、それだけなのに


それがこんなにも大きくて
こんなにも思い。

2006.06.17 | 50のお題 | トラックバック(0) | コメント(0) |

あえない日が続いたわけじゃない。
メールをしなくなったわけでもないのに
どうしてこんなにも声が聞きたいと思うのかな

昨日あったばっかりのはずなのに

すごく前にあったような気がして
声が聞きたくなった。

メールしてるのに
いつもは強いのにたまに弱くなる

声が聞きたくなって
会いたいっていいそうになる
寂しいって、少しでもいいから
会いたいって

そういえたらどれだけ楽だろう

ねぇ、困らせたくないから
声だけ聞かせてよ

いつも見たく、なんでもない話をして?

名前呼んで、おやすみってそういって

そうすれば、また強くなれるから、

声を聞かせて。

眠る前にあなたの声を

怖い夢を見ないように

2006.01.31 | 50のお題 | トラックバック(0) | コメント(1) |

私とは違う大きな手
ずっと憧れてた

いつも隣にいるのに決して繋ぐことのない掌

こんなに近くにいるのに

一番近くにいることができて幸せ

手を伸ばせば手を握り返してくれる

それが当たり前になってきて
こんなにも安心できる。

言葉を交わさなくても自然と
つながる掌

 幸せってきっとこんな感じなんだって

そう思った。

ねぇ、これからも繋いだ手を離すことなく
一緒に歩き続けるように

 いつの日か冷たいあなたの手を
私の手を温められるよに

 繋いで手は離さずに・・
2人いれたらいいね。

 

2006.01.31 | 50のお題 | トラックバック(0) | コメント(0) |

一緒にいる時間が大切。
 例えば些細なこと。

隣にあなたがいて散歩しているときとか
一緒にごはんを食べてるときとか
些細な話をしているときとか
手を繋ぐことが当たり前になったこととか

 些細なことが一番幸せ

 ごはんをあなたと一緒に食べること
それがどれだけ幸せなことかあなたは
知らないでしょ?

 些細なことが幸せ

日々の幸せ

2006.01.22 | 50のお題 | トラックバック(0) | コメント(1) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。